こんにちは!!陶房くめWす。

「陶房くめ」とは、陶芸作家の粂川通治と平泉志津子がお互いの違った彩 で伝統陶芸である益子焼きを表現しています。 そして、 くめにはわたしたちふたりだけではなく家を守ってくれる犬のカジャ、陶芸作品には欠かせない薪場を 外敵が近付かないように?見張ってくれる猫のゼロがいます。こうみえてうちのカジャは甲斐犬のハーフなんです。遊ぶのが大好きなカジャの一押しは「ボール遊び」。ボールを蹴るとものすごい勢いで走っていきます。 ゼロはお散歩大好きなのんびりやさん 、あしの先には白い靴下をはいているんです。ゼロのお気に入りのお昼ね場所は薪場の屋根。陽が一日中あたるので気持ちがいいんでしょうね。そんな姿が日常になっているくめの家は 毎日ほのぼのとした時間が過ぎています。


こちらが我が家の全体風景です
くめの家族「ゼロ」
白い靴下をはいています
くめの家族「カジャ」
女の子です
平泉が使用している窯です
粂川が使用している窯
のぼり窯です

陶器を焼くときは鎌のなかではこんな風になっています
陶器を焼く燃料となる
薪です。
その薪場の見張り番はゼロの役目
とれたダイコンや柿を干して
食べたりもします
朝のカジャの散歩で採れたさ山菜はその日の晩ごはん

 
 

Copyright(C) 2004-2007,toubou KUME.All Rights Reserved.